速攻でリスニング力を劇的に上げる方法

英語が聞き取れません!

英語リスニングに苦手意識を持ってませんか? 

TOEICのリスニングパートがすごく苦手ですか?

とにかく何話してるのか聞き取れなくて、「う~ん。」て悩んでる間に次から次へと進んで、結局何言ってるのか、全く聞き取れないような状態になっていませんか?

TOEICのリスニングパートは、ほとんど、ぬり絵状態。なんてことになっていませんか?

以前、「ライザップイングリッシュが待望のスピーキングコース新設」で書いたのですが、RAIZAP ENGLISH(ライザップ英語)に会社から強制的に行かされて、とりあえず、300点ほどアップさせた同僚がいるのですが、あと300点必要だということです。

で、どうすれば、リスニングができるようになるのか相談を受けました。

凄く切羽詰まっている様子で、色々話しだしたのですが、びっくりしました。

300点アップさせたのではなくて、実は、正確には300点台になったということでした!

ライザップイングリッシュに通わせてもらってたのに、TOEICの点数が、何とやっと300点台になったというのが、真相でした。

人事の人がかなり怒っていたというのを聞いていたのですが、その点数じゃ、怒るわ!と思いました。

会議とかで話しているので、英語ができると思っていたわ。と私が驚いて聞いてみたところ、会議で報告するのは、決まったことを毎月話すだけだし、あらかじめ用意できるので、何とかなるんだ。ということでした。

特に英語が必要な部門でもないし、必要最小限話せたらいいからと思っていたらしいです。

それも一理あるのですが、会社の方針が変わり、TOEICのスコアが必須となってしまったので、とにかく、12月には、結果を出さないといけないようになりました。

彼は社の主力戦力でもあるので、特別にライザップイングリッシュにも通わせてもらっていたのですが、

「英語が聞き取れないから、とにかく英語の勉強が億劫になるし、通勤時間とか隙間時間に聞いても、まず、聞き取れてないから、全然効果がなくて。」

ということでした。

なるほどと納得。

英語のリスニングができない。英語が聞き取れない。って他人にはわからないですからね。

英語のスピーキングや、ライティングは他人の目にふれるので、どの程度のレベルなのかわかるのですが、英語のリスニング力というのは、よほどのことがない限り、他人が推し量ることはできないですからね。

でよくよく聞いてみたら、ライザップイングリッシュに通っていたときから、なぜか、彼は英語のリスニングができるフリをしていたようです。正確にはフリではなく、全く聞き取れていないということをカミングアウトせず、忙しくて、勉強する時間がなくてという言い訳を言い続けていたそうです。

ビジネスパーソンて、仕事が忙しいのは事実なので、「忙しくて、勉強ができなかった」言えば、ライザップのトレーナーも、何ともしようがなかったのでしょうね。

あの時に正直に申告していれば、ライザップは発音とかもみてくれるようですし、TOEICのリスニングにも非常に力をいれていたのに、もったいない。

会社のお金で、身銭を切っていないから、こんなもったいないことを平気でしてしまうんですね。

本気で英語を上達させたい人なら、自分のお金で英会話スクールに通い、真剣に英語の勉強をしますからね。

今度こそは心を入れ替えて英語の勉強を一生懸命にするから、まず、どうしたら英語のリスニングができるようになるか教えてほしいと懇願されました。

本日もブログ応援お願いします

3つclickしていただけると助かります

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ  

短期で英語のリスニング力を上げる劇的な方法

本気で、英語のリスニング力を短期で上げたいのなら、速攻で効果のでる方法があるので教えます。と話し始めたところ、神妙に、メモを取り始めました。

1. 発音を学ぶこと

2. 今後、TOEICのリーディングパートは、1.2倍速、もしくは1.5倍速にした音声を聞く

3. 就寝前15分間は、スクリプトを見ながら、1.2倍速(1.5倍速)を聞いて、すぐ寝ること。
   (聞いたあと、ネットやったり、テレビ見たり、本を読んだりもしない)

4. 目が覚めたら、一番に就寝前に聞いた英語を流す。余裕があればスクリプトもみる。

上記3点をまず、絶対に1か月やること!と話しました。

さすがに切羽詰まっていたので、彼は1か月やり遂げました。

実は、うちの会社は、今年合併があり、そろそろ本格リストラが始まると言われているので、本当に必死でやったようです。

この上記3点は、私が中国語を学んだ時にやって、1か月で本当に中国語が聴き取れるようになった経験があり、英語の勉強を始めた時にも実行した
アジアの英語 中国語との出会い←詳しくは、ここからどうぞ)

正真正銘、効果のある短期リスニング上達法です。

この方法を教えてあげても、実行しない人が多いのですが、彼はやり遂げました。

そして、どうなったかというと、本当に英語のリスニングができるようになったそうです。

同僚曰く、

「英語のリスニングができない。聞き取れなかったのは、英語の正しい音を知らなかったというのが大きな原因だったというのがよくわかった。

あと、ゆっくりした英語を耳からだけ聞いていても全く理解できていなかったけど、速度を上げて、スクリプトを見ながら聞いていたら、不思議と目で追って聞けるようになり、だんだん聞き取れる単語も増えてきて、耳に、頭に残るようになった。」

ということを言っていました。

そーなんです!

英語が聞き取れない一番の原因は、「英語の音」を正しく理解できていないからなのです。

まずは、アルファベットの音、次は、よく使われる英文のリンキング規則など、学んで理解するだけで、英語の聞き取りが非常に楽になるのです。

そして、英語の速度を上げてやる。

これをやるのとやらないのでは、全くリスニングの上達度が変わります。

このひと手間が非常に重要です!

「英語が聞き取れる、英語のリスニングができる!」という経験をすることで、英語リスニングの苦手意識がなくなり、英語の勉強がどんどん進みます。

だんだん、弾みもついてきて、聞き取れるようになるまでの期間も短くなってきます。

1か月かかっていたものが、次は、2週間くらいで、完璧に聞き取れるようになってくるのです。

TOEICのリーディングパートなんてそんなに難しい内容ではないので、慣れてしまえば本当に楽勝です。

TOEICのスコアが600点でいいのなら、年末には楽勝で達成できるでしょう。

そして英語のリスニング、英語の聞き取りができるようになれば、朝夕の通勤時間に聞き流すこともできますし、私のように、ひたすらこれから海外ドラマを観続けているだけでも英語力はついてきます。

具体的に、同僚が英語のリスニング力の短期上達のために取り組んだことは、

1.私が英語発音を学んだScott先生のマンツーマンレッスン
現在、Scott先生はお忙しくて、本来マンツーマンレッスンをお断りしているところを、何とか早朝枠でムリにお願いしました。

2.短期で英語のリスニング力をつけるために「リスニングパワー」という私も使用した教材を併用

3.寝る前,、起き掛けに聞く英文は、TOEICのリスニングパートの1.2倍速版を使用

以上を同僚は忠実に実行した結果、確実に英語のリスニング力がついたと認めています。

同僚が一生懸命に取り組んでいたので、わからないところや疑問点などを、私も一生懸命教えていました。こうして、「英語が聞き取れるようになった!」という報告が聞けて、私も本当にうれしいです。

英語の上達には、この一心不乱に取り組む期間が絶対に必要です。
実績があることをまずは、「真似る」。 

とにかく、ノウハウコレクター、教材コレクター、英語ジプシーになるのをやめて、取り組むことです!

色々な英語教材のセールスコピーを読んでても英語は上手くならないですよ!
知識が増えるのと、英語が上達するのは別です。

Scott先生へのレッスン、「リスニングパワー」について、もっと詳しくお知りになりたい方は、ご連絡ください。
勉強法なども併せ、詳細などお伝えいたします。

>>(Scott Perry 通称スコット先生)<<

購入者限定サポート特典お付けします

 

スコットぺーリー先生ぺージ

読者登録

上記の内容で送信します。

よろしければチェックを入れて送信してください。

本日もブログ応援お願いします

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ