ビジネスにおいて「英語発音」とても重要です。ネイティブ発音で英語が話せるビジネスパーソンってまだまだ、日本には、外資系企業ですら少なくて、おまけに英語をきちんと聞き取れる人も少ないので、ネイティブ英語発音というだけで、「あの人、英語ペラペラ」という評価になります。外資系企業なら、本国の同僚、上司達からもストレスなく、会話できるので、とても重宝がられます。

この聞き手に「ストレス」を与えないというのは、非常に重要です。私達日本人だって、いつまでも片言の聞きづらい日本語しか話せない人の話に付き合い続けるのは、非常にストレスです。

最近は、ビジネスパーソンにとって「英語発音」がいかに重要かというのが周知されてきたようで、発音スクールというものが、雨後の竹の子のように増えてきていますが、ほんの少し前までは、ビジネス経験も無いような人達が、平気で

「英語の発音が下手でも大丈夫。こだわりすぎるな!」
「色々な国の英語があって標準英語発音なんてない!」
「発音が多少まずくても、通じる!」

などなど、ビジネス常識を全く無視、知らない人達が述べている記事が結構ありました。

たしかに、海外旅行や、日本で道に迷っている海外の人にちょっと道教えてあげるぐらいの程度なら、全くでたらめな「英語発音」でも大丈夫ですが、ビジネスパーソンで英語が必要な立場にいる人ってのは、「生活の糧」となるお給料を頂くんですから、経理の人が、簿記の知識がなくて、専門用語を言えなくても、知らなくても大丈夫ですっていうことを、平気で言っているようなものです。

上司や目上の人、取引先の人、お客様に対して、「標準日本語」で話さなくても大丈夫です。そのまま地元訛りの日本人でもわからない、方言使ってても大丈夫です。と言っているのと全く同じです。

経理の勉強をして専門用語を駆使した標準日本語で話せるビジネスパーソンや、上司や顧客に対してきちんとした敬語で対応できる人が、出世して、お給料もアップしていくのは、当然のことで、外資系企業や、英語が必要な国内企業でも、対外的に耐えうる英語が話せる人が、出世し、昇給するのは当たり前のことです。

そんなシンプルなことを理解できない「英語発音が苦手な日本人」の多くにうける記事を書き続けていた人達が、今頃、手のひらを返したように、英語発音の重要性を謳いだしてきていますが、良い傾向だと思います。

大体この日本に住んでいたら、英語を使う機会なんて仕事以外ないんですから、昇給や、出世の為にも英語発音学びましょう!

私は、英語発音から学んだお陰で、あっという間に、年収1千万円を達成できました。給料明細もアップしていますし、どのように英語に取り組んできたかも書いてきたので、ぜひ、読んで参考にしてみてください。

英語発音上達は、まず、英語耳から

昨日もちょっと書いたのですが、英語発音が上手になるには、まず、お手本となるネイティブ英語が聞き取れる「耳」を作ることが重要だということに気がつきました。

私は、絶対音感も多少あり、スコット先生からも「Allyは耳がいいから、すぐに発音は上手になる」ということを当初から言われていましたが、今、その意味がはっきりとわかってきました。

まず、お手本となるネイティブ英語発音すら聞き取れてない日本人が多いのだと!

この「聞こえ」っていうのは、傍からでは判断できないので、私以外の他の人も、私と同じようにネイティブ英語が聞こえているものと思っていました。

が、実際どうも聞こえていないというのがよくわかりました。聞こえてこない言葉を、発音をまねることはまず、出来ないわけで、そこから取り組んでいけば、英語発音も上手くなっていくんだな。というのがわかりました。

そういえば、スコット先生とのマンツーマン発音レッスンでの教材にも、英語の周波数の聞き取りにフォーカスした音声があって、当初その音声を、一日に30分くらい注意深く聞いていた時期がありました。

その後、飛躍的にネイティブの聴きづらかった低音の声が聞こえるようになったので、その効果は絶大だったのだと思います。

耳が聞こえていない音 「エフ分の1の揺らぎ」

どなたかの英語商材のセールスレターに

「英語の周波数って????」
「英語耳って????」

そんなものない!と、かなり否定的に書かれていた英語教材がありましたが、周波数というのか、聞こえについては、かなり科学的に解明されつつあります。

木が沢山ある山や森林にいくととても気分が良くなりますが、これは、木から出される「香り」により、癒やされるというような理論でしたが、どうもそうではなく、ヒトの五感以外、もしくは、皮膚なのか、骨なのか、どこかわからないところで、何かの音、たとえば葉っぱが揺れて、こすれる音などを感じ取っているからではということが言われています。

たしかに「エフ分の1」の揺らぎと言われる、自然界に発生する、波の音や、川のせせらぎの音など、とても気持ちが癒やされますし、これらの音には、必ず「振動」がついてくるので、空気振動から耳に入っているだけでなく、骨振動みたいに、骨や、もしかしたら、皮膚全体から受けて、鼓膜に到達して、音として認識しているのかもわからないですね。

私は、夏に力の限り鳴き続ける蝉の声が大好きです。でも、外国の人には聞えないようなので、やっぱり、生まれた環境により、「聞こえ」のメカニズムが違っていて、音は、空気振動から耳に入って鼓膜で聞いているだけではないというのがわかります。

実際最近、売れ出だしてきた「骨振動」を利用したイヤホン(耳の穴にイヤホンをいれずに、周辺の骨にあてて、音を聞き取る仕組みになっています)を試してみましたが、耳の穴に差し込むタイプより多少音量は落ちますが、聞えます。

ヨドバシカメラの店内の大音量で宣伝文句や、音楽がなるフロアーで試していたら、ちょっと、気分が悪くなりましたが。

骨伝導で、音楽きいて、空いた耳から大音量のヨドバシの放送も聞いていたので、脳がパニクってたみたいです。

この脳がパニくる程の新しい経験をさせてやると、脳って一気に成長してくれますよ!

 

次回からも、この「聞こえ」や、「脳の成長」にフォーカスした、発音上達について、書いていきますので、お楽しみに!

 

>>英語発音に集中したい方<<

購入者限定サポート特典お付けします

 

スコットぺリー先生ぺージ

 

スコット先生の無料発音レベルチェックはこちら

読者登録

上記の内容で送信します。

よろしければチェックを入れて送信してください。

本日もブログ応援お願いします

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ