絶対にやってはいけない英語勉強法

必要に迫られて英語の勉強をこれから始めるビジネスパーソンが、絶対にやってはいけない勉強法があります。それは、

英語の発音の勉強を飛ばして、英語のスピーキング、つまり音読や、フレーズの暗記、言い換えの正誤のみに特化したレッスンを始めることです。

英語の音読や、フレーズの暗記、言い換えなどは、英語上達に大変有効な勉強法ですが、

これから英語を学ぼうとする英語初心者ビジネスパーソンが、まず始めに取り組むことではありません。

なぜかというと、ビジネスパーソンが取り組む勉強法として結果、効率が悪いからです。

「ビジネスパーソンとしてのみ」英語が必要なら、一番気分の乗っているこの勢いのある時に、一生使わないかもしれない英語フレーズを、これまた、ネイティブに絶対通用しないカタカナ英語(←これEnglishではなく日本語ですから!)発音で覚えるのは、全く無駄になる可能性が高いです。

ビジネスパーソンが英語を覚える目的は、学生の時のような「試験での高得点」ではありません。

ビジネスの現場で通用する英語を学ぶことです。

英語発音が、カタカナ英語発音(←これ日本語)で英語の勉強を始めてしまい定着させてしまうと、結局は、後にビジネスで、ネイティブに通用しないということを経験し、発音から学びなおすことになります。

現在、都内の発音教室は、どこもすぐにレッスンが開始できないくらい大盛況です。受講者のほとんどが、英語ですでに仕事をしている現役のビジネスパーソンです。

発音を学ばず、カタカナ英語発音で英語の勉強を始めて、音読、シャドーイングを通して英語をマスターした人や、カタカナ英語発音で力づくで英単語、フレーズを覚えてしまった人達は、結局、ネイティブの話す英語を聞き取れない、また、ネイティブに英語が通じないということを経験するからです。

英語発音を学ばないと、ネイティブの英語を聞き取ることはできません。私たち日本人は、学校教育で、ネイティブが話す英語を学んでこなかったのです。残念ながら。

ネイティブスピードからかけ離れた、リンキングなども全くない英語の音声でしか英語を学んでこなかったのです。

ブツブツ切れたカタカナ英語発音でしか英語を話せない日本人がほとんどです。私も、一語一語はっきり切って話すのがいいのかと思っていました。中学、高校時代は。

そんな私たち日本人が、ビジネスパーソンとして、英語を学ぶ必要が出た時に真っ先に取り組まないといけないのは、「英語発音」です。そして、その英語発音を学ぶことで、ネイティブが話すネイティブイングリッシュのリスニングができるようになるのです。

ネイティブイングリッシュのリスニングができるようにならないと、いくらたくさんのビジネス英語フレーズを覚えたところで、使い道がありません。

ビジネスパーソンの方ならよく理解されていると思いますが、覚えたフレーズだけを言えば、それで会話が成立する、お終いになるということは、ビジネス上絶対にありません。

ネイティブの「Why? WhyWhy?」攻撃。貴方が覚えて投げかけたその英文に対して、ネイティブは絶対に、質問などを投げ返してきます。

会話はキャッチボールです。

そして、ビジネスパーソンに必要なビジネス英語というのは、実は、ここからの英語なのです。

ネイティブの同僚が、上司が「投げ返してきた英語」を聴き取ることから、本当のビジネス英会話が始まります。

その内容は、業種や、話の内容などなど、様々な事項により当然変わってきます。

ネイティブが投げ返してきた英語を聞くことが出来なければ、それまでに暗記したたくさんのフレーズや英文は、宝の持ち腐れです。もしくは、無用の長物です。残念ながら。

真っ赤な顔してモジモジ。。。。。

頭真っ白。顔面蒼白!

日本人特有の意味のない笑いでごまかす。。。。

こんなことになってしまいます。私は、会社に入ってからこんなシーンを何度目の当たりにしたことか。

英語をスラスラ話していた同僚ですら、プレゼン後のネイティブの簡単な質問すら聞き取ることができず、とんでもないとんちんかんな回答をして、その場にいた皆を凍らせたことや、

「オフィスからこの倉庫までは、何分くらいかかる?」という海外本社副社長の簡単な質問すら、聞き取ることができず、無視してさっさと次の場所に歩き始めたロジスティクスマネージャー。

副社長の顔色が一瞬にして曇ったのを見てハラハラするみんな。慌てて、「1時間ほどです。」と全然関係ないけど答える大阪人の私。

「英語が話せる人」でも、実は「英語は聞き取れていない」と発覚させる瞬間に何度も立ち会いました。

ビジネスパーソンに本当に必要なビジネス英語は、「聞けてなんぼでしょう!」の世界です!

英語のリスニング力を鍛えておかなければ、たくさんの英文フレーズを覚えても、ネイティブの簡単な質問すら聞き取れず、答えられないので、全く無意味です。←バッサリ。

沢山の英文フレーズや、英単語は、ネイティブが理解できる程度の英語発音で覚えるべきだし、そんな英語フレーズも自分の業務に必要な英語に特化すればいいだけだし。私みたいに。

ある程度、英語が聞ける、話せるような中級者以上になれば、英文フレーズをたくさん知っていれば、それが、サッと必要な時に、必要な英文フレーズを組み合わせることができるようになりますが、そんなのは中級レベル以降の話です。

英語の初心者なんて、私もそうでしたが、覚えたと思ったフレーズですら、30秒後には、忘れてる、覚えていなかったというのが普通でしたから。

そんな英語初心者のその時期に、力づくで英語の暗記をするって苦痛以外なんでもないと思います。しかもぜんぜん、ネイティブに通じないカタカナ英語発音で。(これはEnglishじゃなく日本語ですから!)

大人の日本人のほとんどが英語の勉強に挫折するのは、この力づく、英語暗記が必要となる勉強をやってしまうからだと思います。

せっかく、一発奮起して、「英語勉強するぞ!」と頑張ってみるけど、覚えられない!つまらない!苦痛!ってつらいですし、大人の脳には適していない勉強法だ思います。

学生なら、その先に「試験」が控えてるので、目的が明確だし、若いから記憶力あるし、何といっても時間があるし。

我々、ビジネスパーソンは、限られた時間と、日々衰えていく記憶力と闘わなければならないのですし(笑)。正確には、衰えないですが、英語の上達のことだけを考えてるわけにはいかないのです。

大人になればなるほど、ビジネスパーソンなら余計に、英語のほかに考えないといけないことが沢山あります。

私の経験上、ビジネスで日本語で考えないといけないことが沢山あるときって、英語が頭に入りません。脳が日本語で必死で考えているから、英語が受け入れられない状態になってしまいます。

ここがバイリンガルと違うとこだなと私は実感しました。

日本語脳と、英語脳は別々で、日本語脳を強く必要とするときは、後発的に作られた英語脳は働かないんだなっと。

とにかく、間違った英語の初期勉強法で時間を費やすの勿体ない!

ビジネスの現場で、暗記したフレーズだけを一方的に話して、事足りるというケースはまず、存在しません。

なので、再度言います。

ビジネス英語は「聞けてなんぼ」の世界です!

英語の聞き取り、リスニングができるようになるには、まず英語の正しい音、リンキングを学ぶことです。

いきなり、カタカナ英語発音で英語のスピーキングや、音読、暗記をやるのは、ビジネスパーソンとして、最も効率の悪い英語勉強法です。

間違った英語勉強法です。

皆さん、気をつけましょう!

英語が話せないと悩んでいる人は、英語のフレーズさえ、英単語さえ知っていれば、英語が話せるようになると勘違いしてしまいがちですが、英会話は、独り言ではありません。話し相手がいて成り立つものです。

相手の英語を聞き取れないとあなたがせっかく覚えた英語は、「独り言」の域をでることができません。

独り言はひとりの時、寝言は寝てからいう言葉です。

ビジネス上必要となる英語は、会話です。会話相手がいることをよく考えましょう。

読者登録

上記の内容で送信します。

よろしければチェックを入れて送信してください。

本日もブログ応援お願いします

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ