文法的に正しいけれど、意味不明な英文

↓ブログ応援よろしくお願いします
にほんブログ村 英語学習情報

英会話ブログランキングへ

◆文法的に正しいけれど、意味不明な英文

外資系企業でたまにみられるタイプなのですが、文法的には間違いがないのですが、内容が日本語直訳の英語で、まったく意味不明な英文、メールを書く人が。

えてして、そんな人は普段からその日本語で話す内容も意味不明ということが多いです。

言葉足らずというのか、つっけどんというのか、日本人同士ですら、たぶんこんなことをいいたいんだろうけど、もっときちんと話せばいいのに。と同僚たちからも思われがちな人です。

英語で話す、英文を書く時には、帰国子女でない限り、やっぱりその人の使う日本語に引っ張れがちになってしまいます。

「メールチェックして下さい。」と部下から頼まれることがよくあるのですが、「あ~ァ。日本語から直してあげないと、全く意味をなさない文章になってるわ。どこから手をつけよう。。。」と思うことが度々、実はあります。

そのような人の日本語書類も、やはり「形容詞の位置がおかしい」「意味が通じない」と公的申請書の担当官からも指摘をうけ、書き直しを命じらるレベルです。

読んでみると、やっぱり日本語がおかしいと普通に思ってしまいます。そのおかしい日本語が更に、直訳で英文になるので、文法がいくら正しくても全く、意味不明の英文になって海外本社担当者からも、理解できない。と言われてしまいます。

文法さえ正しければ英語が通じると勘違いされている方は多いと思いますが、ビジネスにおいては、それだけでは不十分です。

今まで見てきて思うのは、文法が正しくても、下記事項が揃っていないと必ずと言っていいほど、理解されず、海外の同僚達とのミスコミュニケーションが生じています。

1.英文としての型

2.内容、背景を理解して書いているのか

3.日英のギャップを理解できているのか

上記を理解していないと、英語がいくら堪能でも、仮に帰国子女であっても、的確な英文が書けないので、英文ライティングは、本当に難しいといつも思います。

文法上のミスは勉強していれば、いつかはなくなるのですが、意味をなす英文が的確に書けるレベルに到達するのは、独学ではかなり難しいと思っています。

BEJビジネス英語の講師は、このライティングに関しても、非常に優秀です。

読書好きの講師から作られる英文は、本当にいつも、「秀逸!!!」とうなる英文を返してくれます。

ただ、こちらの説明が不足していたり、きちんと伝えきれなかったりした場合、少しニュアンスの違う英文になってくるので、よい英文というのは、その背景、内容を理解してこそだなということを、身をもって知ることができました。

この講師自身も必ず、背景や、シチュエーション果ては、送信先の人との関係、動向、性格なども考慮して一通の英文を仕上げていくということをしてくれます。

こうして出来上がる英文は、本当に、「そー、そー。こんなことを言いたかったの。ここはこんな単語使えばいいのか!」と目から鱗の瞬間がいっぱいです。

実際のビジネスを経験し、多量の読書によるボキャブラリーの豊富さ、また、何とこの先生は、イギリスでの大学時代にディベート大会で優勝もしているという経歴の持ち主です。

こんな優秀な英語の先生って会ったことありますか?

無料体験好きで色々な英会話スクールにいって、たくさんのネイティブ英会話講師に会ってきた私ですが、本当に初めてです。こんな優秀で、フレンドリーな英語講師は。

ビジネスレベルの英語力を獲得したい人は、ネイティブでビジネス経験がある優秀な英語講師に英語を習うことが、英語上達の早道です。

ぜひ、無料体験レッスンで、ご自身の目で確認してみてください!

ハイクオリティーのビジネス英語を学びたい方

↓↓clickして無料体験レッスンを受ける↓↓

千葉県成田市囲護台3-1-11

電話:050-5308-6884

無料体験申し込み QRコード

 

 

.

何か相談したいことや聞きたいことがありましたら遠慮なくこちらからお問い合わせ下さい。

button07_toiawase_02

ランキングに参加しています。応援していただけるとうれしいです。
下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回クリックいただくと嬉しいです♪

↓ブログ応援よろしくお願いします
にほんブログ村 英語学習情報

英会話ブログランキングへ

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました

サブコンテンツ
4 / 81« 先頭...23456...102030...最後 »

このページの先頭へ