本気で英語を上達するために必要なこと

本気で英語を上達するために必要なこと

「英語」って何だと思いますか?

「言葉」「言語」「コミュニケーションツール」ですよね!

色々な人との関わりや、情報によって、英語力が強化されていくのですが、ひたすら、一人で、コツコツと会話の練習や、暗記に励んでませんか?

言葉は生き物なので、定番フレーズだけで成り立つことはありません。

また、私がこのブログで何度も言っているように、英語上達への道は、トレーニングです!

決して、英単語や英語フレーズの暗記、試験勉強での高得点ではありません。トレーニングである以上、講師やトレーナーと言われる人を選ぶ時は、吟味しないといけません。

ご存知ですか?

プロゴルファーもオフになれば、コーチや師匠と言われる人について、トレーニングします。

プロ野球選手やいわゆるプロとしてお金をもらっているスポーツ選手のほとんどがそうです。
世の中には、自身がプロとして活躍できなかった人であっても、他の人に教えるのが非常にうまい、得意でその分野の最先端の知識を有するプロ集団がいます。

一気に自分の能力を上げるには、手っ取り早く、そんなプロ集団の手を借りるのが1番です。

私はその原理を知っていたので、英語の勉強を40歳を超えて始めたとき、英語の発音教師のプロを徹底的に探しました。そして、まだ日本でも全然有名でなかったスコット先生にたどりつきskypeで日本とアメリカをつなぎレッスンを受けました。

そのおかげで、今、どこの英会話スクールの体験レッスンに参加しても、
「あなたの発音は、日本人の英語発音とは全く違い、とてもクリアで、きれいですね。」と言われます。
そして、とても高い評価を頂きます。

英語発音にコンプレックスがないので、どこにいっても物怖じせず、英語を話せますし、そのお陰でまた、英語が上達するというとても良いサイクルに入っています。

これは素晴らしい発音の先生を自分で探しだしたからです。そして、英語の基礎構文、基礎文法をマスターしたのは、カランメソッドとその後続く、基礎文法の高速トレーニングそして、毎日のYouCanSpeakでのトレーニングです。

この時も、やっぱり自分で、かなりのリサーチとそして、先生の吟味をしました。

フィリピン講師によるオンライン英会話スクールがボチボチとでき始めた中、その講師の数も少なかったのですが、講師の話し方、バックグランドをすべてチェックしました。そして、探し出した優秀なフィリピン人講師の方に、自作の教材でのレッスンを高速でお願いします。

「英語の独学」とは、このようなことを指していうのだと思います。

何となく有名な学校で、自分の都合の良い時間の空いている講師のレッスンを言われるがまま、教材そのまま利用して、英語が上達するなんていうことは、これぽっちも考えたことはありません。

そんな他力本願で英語が上達するとは、頭の片隅にもありませんでした。

なので、英語教材や、英語関係の書籍を片っ端から吟味して、ちょっとでも自分の業務に、仕事に役立ちそうな表現がのっているものは、手当たりしだい購入し、その箇所だけを徹底して覚えました。

TOEICのような試験ではないのですから、1冊の英語本、英語教材をくまなくやる必要は全くないと思ってます。

むしろ、英語の上達は、「必要のない英語を捨てる」ことから始めると思っています。

皆さん、一生使うこともない英語を必死で覚えるというような無駄なことをしていませんか?

いい英語の本、英語教材だと言われているからと全部覚えようとしていませんか?

「覚えていたら、いつか使うかな?」とか「ネイティブぽくってかっこいい!」「こんなの知っていたら凄い!」と、まずは、覚えないといけない英語を後回しにして、全然必要のない英語に時間を費やしてませんか?

基礎構文、基礎文法は、誰もが知っているような単語を利用して、高速英語脳トレーニングで回していけばいいのですが、英語のスピーキング、英語のライティングの為には、とにかく、今必要な、必ず必要な文章、フレーズをまずは、覚えて使い倒しながら、覚えていけばいいのです。

私は必ず、自分に必要な英語フレーズ、会話英語で、英会話レッスンをお願いします。

はっきりと絶対に私に必要がない教材、英語は「いりません。」と、使えるフレーズに直してトレーニングしてもらいます。

皆さん、このひと手間を惜しんでいませんか?

また、そんなことにも対応できない英語教師とかを選んでいませんか?
「まずは、これを覚えることから始めましょう!」となんの根拠もない、英語教師に、教材に振り回されていませんか?

「英語の独学」というのは、英会話スクール、英語教材に型にはめられて、使われるのではなく、

英会話スクールを、英語教材を使いこなすことです。

英会話スクールを、英語教材を有意義に使いこなしてこそ、その先に英語上達、英語取得があるのです。

そして、英語の教師、トレーナーと上手くコミュニケーションを取ることで、お互いが良きパートナーとなって、英語が上達するのです。

今回、私がRAIZAP ENGLISH(ライザップ英語)を推す理由の一つは、「日本人トレーナ」だからです。

英語はネイティブに習えば必ず、上達するというものではないのです。むしろ、日本人のきめ細かいフォローが英語上達を大いに助けることもあるのです。

皆さん、今、そして今後、あなたに必要な英語は何か?そして、どれをきっぱり捨てるのかをまずは、考えて英語上達を目指しましょう!

↓↓↓ Get Started↓↓↓
ライザップイングリッシュ

↓ブログ応援よろしくお願いします
にほんブログ村 英語学習情報

英会話ブログランキングへ

.

何か相談したいことや聞きたいことがありましたら遠慮なくこちらからお問い合わせ下さい。

button07_toiawase_02

ランキングに参加しています。応援していただけるとうれしいです。
下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回クリックいただくと嬉しいです♪

↓ブログ応援よろしくお願いします
にほんブログ村 英語学習情報

英会話ブログランキングへ

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました

サブコンテンツ
20 / 81« 先頭...10...1819202122...304050...最後 »

このページの先頭へ