英語上達、英語勉強のモチベーションを上げ続ける方法

 

↓ブログ応援よろしくお願いします
にほんブログ村 英語学習情報

人気ブログランキングへ

本日もブログ応援お願いします

にほんブログ村 英語学習情報

人気ブログランキングへ

◆英語上達、英語勉強のモチベーションを上げ続ける方法

お盆休みもそろそろ終わりですが、皆さんはどうお過ごしでしょうか?

 

都内は電車がすごく空いていてとても快適でした。

外国からの観光客が通勤時間帯の電車にいたりといつもとは違う光景がちらほらとみられるこの時期ですが、

ある有名な観光地でかわいらしい女の子に英語で、

「自分は初めて日本に来たのだけれども写真をとってもらえないでしょうか?」

と話しかけられました。

 

英語のネイティブスピーカではないとすぐわかる発音でしたが、ノンネイティブとしてはわりと流暢な英語でした。

写真を撮ってあげて、すこしそのあたりの名所を案内しながら色々お話をしてみました。

 

台湾から初めて日本に一人できたという若い女の子でしたが、時折、覚えたての日本語を交え色々話してくれました。

 

私が英語の勉強を始めてすぐの頃、台湾に行く機会がありましたが、台湾のコンピニのレジの若い子たちが流暢に英語を話すのを聞いて驚いた記憶があります。

その話をして日本人は英語を最低6年は勉強してきたはずなのに、英語が話せをない人が多いのよ。

という話をするとその女の子はひどくビックリしていました。

 

彼女がどのようにして英語が話せるようになったのかは聞かなかったのですが、

特に台湾では英語ができるから就職が有利になるとかということもないということなので、

必死で英語を勉強してマスターしたということもないような感じでした。

 

初めての日本訪問のようでしたが、日本は本当にどこに行ってもきれいで、街並みや家がとてもすばらしいと絶賛していました。

毎日毎日出歩いて日本の家の写真を撮って台湾のお友達に送っていたそうです。

そんな彼女は、現在CTFA台湾サッカー協会で働いているということで、台湾のサッカー事情などを話してくれました。

 

私は全然サッカーに興味がなく見る機会もなく今まで過ごしてきたので知らなかったのですが、

日本のサッカー協会は台湾のサッカー発展のため色々支援をしているようで、

彼女の口から何度も、「KURODA SENSEI」というお名前が出てきて、

調べてみると、

元滝川第二高校監督の黒田和生さんという方が、

CTFA台湾サッカーに派遣されて、現在台湾のサッカーの監督をされているということでした。

 

この滝川第二高校はサッカーが強いから、

わざわざこういう経歴で語られるのだろうという知識レベルしか私にはないのですが、

このKURODA SENSEI はとても有名で偉大な方なんだろうというのは解りました。

 

当初子供たちを教えていたようでしたが、

台湾の監督に抜擢されたようで日本のサッカーファンの方ならどなたでも知っているということも彼女の話や、検索をしてみて初めて知ることができました。

英語が話せるようになって外から知る日本の事というのが本当に増えてきました。

CTFA台湾サッカーで頑張っていらっしゃる黒田先生のことも、

今までニュースや新聞でも取り上げられていたかと思うのですが、

全くすっ飛ばしていて、

海外でこんなに頑張っていらっしゃる偉大な方がいることも知らなかった自分に反省です。

 

黒田先生は、本当に台湾で皆から慕われているというのが彼女の話からも分かりますし、

何より彼女が黒田先生のことを話すときには、

本当に誇らしげにうれしそうに話すので、私のほうが感動してしまいました。

こんな経験をするともっともっと英語が上手くなりたいなと真剣に思います。

どうすれば、もっと英語が上手く話せるようになるのか?

どうしたら英語で上手くコミュニケーションがとれるようになるのか?

どうやって、英語力を上げていけばいいのか?

英語マスター、英語上達は、こんな海外の人との日常のコミュニケーションでさらにそのモチベーションが上がっていくものだとつくづく思いました。

皆さんもちょっと英語の勉強に疲れたら、街に出て海外の人と思いきって話してみませんか?

きっと英語上達のモチベーションになりますよ!

何か相談したいことや聞きたいことがありましたら遠慮なくこちらからお問い合わせ下さい。

button07_toiawase_02

 

ランキングに参加しています。応援していただけるとうれしいです。
下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回クリックいただくと嬉しいです♪

にほんブログ村 英語学習情報

人気ブログランキングへ

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ