有名人の英語 -小池 百合子さんー

 

↓ブログ応援よろしくお願いします
にほんブログ村 英語学習情報

人気ブログランキングへ

有名人の英語 -小池 百合子さんー

 小池百合子東京都知事が率いる「都民ファースト」の圧勝で、

選挙の幕が閉じましたね。

 

小池さんは、元アナウンサーということもあり、

お話の仕方が上手で、海外に留学もしていたということで

英語の発音もお上手で、

やっと、グローバルスタンダードである英語で

対等に海外の政治家たちとコミュニケーションがとれる方が

現れたなという感じですね。

 

小池さんの英語発音の枝葉末節をとらえ、なっていないと

批判される方もおられますが、

非ネイティブである日本人でこれくらい英語でクリアに

お話ができる政治家というのは貴重だと思います。

 

私はこのブログでもかねてより、「英語発音」の重要性について

度々述べていますが、

 

英語発音を学ぶということは、英語の音を学ぶということであり、

それは、リスニングにもつながるということです。

 

外資系企業で働いていても、日本語アクセント、でたらめな発音で

英語を流ちょうに話す方が多数います。

 

英語が話せなかった当初は、そんな人たちのことを

 

「凄いな!英語が話せて。」

 

と、思っていましたが、今となれば、彼ら(彼女ら)は

実は、英語が聞き取れてないというのがよくわかります。

こちらを参考に→聞き取れない英語

 

海外本社からの海外の同僚たちとの会話などで

こんな簡単な英語も聞き取れていないのか、

全然、今の質問に答えれてないな。という場面に結構出くわします。

 

そのほとんどの人の英語発音は、というより、

英語は、日本語のカタカナだったり、

日本語アクセントで単語すら意味不明な英語になっています。

(詳しくは、ここから→日本語アクセント英語

 

英語が全然話せない、聞けない私でしたが、

英語発音という「超基礎」を固めたお陰で、

今では、同僚が話す英語を聞いただけで、

 

「この人は、英語が聞き取れないな。」

 

というのがわかります。

 

「英語発音などはどうでもいいのだ、失敗を恐れずに話すことが重要だ。」

 

というようなことをいまだに述べる方がいますが、

ちょっと、海外旅行に行く。とか海外の人と少し話してみたい。レベルでいい人なら

それでもいいかと思いますが、

 

外資系企業で、ビジネスで、英語を話す必要がある人は、

英語を聞くこと、質問に答えることの重要性をもっと認識する必要があります。

 

「聞けないのは、聞いていないから」という理由もありますが、

(詳しくは、ここから→英語が聞けないのは、聞かないからです!

超基礎の英語の音、発音を知識として学んでいないからです。

 

英語が聞き取れないと悩んでいる人は、今一度、

超基礎の英語発音をおろそかにしていなかったかということを

考えてみてください。

何か相談したいことや聞きたいことがありましたら遠慮なくこちらからお問い合わせ下さい。

button07_toiawase_02

 

ランキングに参加しています。応援していただけるとうれしいです。
下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回クリックいただくと嬉しいです♪

にほんブログ村 英語学習情報

人気ブログランキングへ

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ