なぜ「英語発音」なのか

 

↓ブログ応援よろしくお願いします
にほんブログ村 英語学習情報

人気ブログランキングへ

こんにちは。Allyです。

英語に全く縁のなかった英語力ゼロの私が、どのようにして英語をマスターし、外資系企業で生き残り、結果を出し続けた(←ここ重要)のかブログでご紹介していきます。
くわしいプロフィールはこちらからどうぞ。
今日は、外資系企業で生き残る為「戦略的短期英語上達法」で取り組んだことをくわしくお話していきます。

なぜ「英語発音」なのか

「英語発音」から始めるべきとした理由はいくつかありますが、まず、英語が聞きとれないと、返答することもできないから話す練習から始めても無駄だとよくわかったからです。
なぜ、聞き取れないのかというと英語の「音」をきちんととらえることが出来ず、耳がスルーしてしまってることが一番の原因で、まずは、英語の音を発音を学びながらインプットしていくのが一番だと思ったからです。
あとは、「英語発音」というのは、一度身に着けてしまえば、どうやら、元のヘタな発音に戻ることはない。
というのが体験レッスンで、日本人講師と接していてわかったからです。
歌と同じなんですね。
最初ヘタでも練習して覚えたらもとのヘタな歌に戻らないという。
英単語や、英語フレーズは、覚えても、使わなかったら、時間経てば、すっかり忘れてしまうけど、一度身につけた発音力は、「一生持ち続けられる」(←とても重要)費用対効果に優れた美味しいスキルであるということ。
それに加えて、きれいな英語発音で会話していれば、非常にプロフェッショナルな印象を持たれ、「あの人は、英語ができる!」と評価してもらえるという、分かり易い、美味しいスキルでもあるということ。
一粒で2度も3度も美味しいというスキルが「発音」です(笑)実は、外資系企業で英語を流暢に話すという人でも、帰国子女で無い限り、非常に強い日本語アクセントの英語を話しているというのが現状です。
そんな中で、挨拶した時や、お礼を言った時などの一言英会話でも英語発音が上手であれば、なんとなく、周りの人に「英語が上手そう!」と思われるので、英語が本当に上達するまでの「場つなぎ」として、英語発音をまず磨き、それから日々努力して、本当に「英語が話せる人」になるという戦略を立てました。

インターナショナルスクールの小学生の英語

インターナショナルスクールのある駅から乗車してくる見た目まるっきり日本人の子供達がなんとびっくりするくらいのネイティブな発音と声で英語でおしゃべりしていました。
私はこの光景をみて、この歳でよかった。
とつくづく思ったものです。
こんな英語が上手な子たちが、部下としていっぱい入ってきたら、私はあっとゆーまに、とってかわられちゃうわ!としみじみ思ってしまいました。
ネイティブ発音と遜色のない発音と声で話すインターナショナルスクール出身の子供たちや、幼児のときから英会話スクールに通って育った子供たちと今の若い人たちはいずれ勝負する時がやってきます。
現在の日本の外資系企業では、帰国子女以外のほとんどが、日本人アクセント英語を話す日本人ですが、近い将来、そのほとんどがネイティブな英語発音で英語を話す日本人となることも十分あり得るのです。
企業勤めを目指す皆さん方におかれましては、ぜひ、早い段階で、英語発音に取り掛かることをお薦めいたします。

 

外資系企業で生き残るための自己アピール力

海外ドラマでネイティブが話す英語しか聞いたことがなかった私には日本人が話す日本人アクセントの英語は、ある意味、衝撃的で、もしかしたら、英語発音ならこれから頑張れば、発音だけは一番になれるかも!という根拠のない自信と、絶対になってやろう!という野望を胸に、外資系企業での生き残りをかけまず初めに取り組んだことは、TOEIC満点や、英検1級を目指すことではなく、きれいな発音で英語を話し、「英語、話せますよ!」オーラを出すというセルフプロモーションでした。
外資系企業での「自己アピール力」は、本当に大事です!次回は、どのようにして英語発音をマスターしていったのかをお届けします。
お楽しみに♪

何か相談したいことや聞きたいことがありましたら遠慮なくこちらからお問い合わせ下さい。

button07_toiawase_02

 

ランキングに参加しています。応援していただけるとうれしいです。
下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回クリックいただくと嬉しいです♪

にほんブログ村 英語学習情報

人気ブログランキングへ

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ