英語と年収の関係

こんにちは。
Allyです。
先日アップした外資系企業の給与明細の反響がすごかったので、もう少し、外資系企業の年収についてお話しします。

英語が出来ると年収が上がるのか?

いきなり、直球質問で始っていますが、答えは、「YES」です。
先日のブログで公開したように、外資系企業に就職して、戦略的に英語に取り組み、英語が上達したお陰で、ジョブビルダーとなった私は、企業人の一つの目標である年収1千万円を手に入れる事が出来ました。
私の中では、年収1千万円を提示された時点で、とてもやり遂げた感がありました。
ちなみにこの時の希望年収として、1千万円を提示していた訳ではなく、もう少し、控えめでした。
しかし、本社面接後に提示されたのが、1千万円でした。

私の戦略的英語勉強法が認められた瞬間でした。

英語力ゼロの40歳を超えた私が、戦略的に英語上達に取り組んだお陰で、短期で英語をマスターし、ネイティブとの面接においても、その英語力が認められるというところまで、英語が上達していたと実感した瞬間でもありました。
しかしながら….

ハタと周りを見れば、何と、年収2千万、3千万、いや、もっとそれ以上の人も沢山いて、ちょっと、がっかり……

上には、上がいるものだということを思い知らされた時期でもありました。
それで、私とその人達の差は何なのか、またまた、色々リサーチしたり、観察してみました。
その結果わかったのは、やはり英語力でした。

ここから先の英語力は、英語が話せるレベルではなく、英語で本社のネイティブ達に交渉できるレベルとなり、そんな一部の人達のみが、この日本の外資系企業で、本当の高収入を得ているというのがわかりました。
ちなみに、私の業界は高収入を得た代償として、毎日深夜まで残業したり、キツいノルマがある訳ではありません。
世間では、外資系イコールノルマがキツい、深夜まで働いているなど一部の業界のみが大変フォーカスされて語られていますが、業界によりけりです。
また、外資系でも米国系なのかヨーロッパ系なのかでも随分変わります。
私は両方経験しましたが、特に変わらない印象ですが、ヨーロッパ系の方が、ゆーっくりですね。
ただ、米国系の方が給料は高いです。
営業職などは40代でリタイア出来るぐらいの年収を若い時から手にすることができる外資系企業もあります。
私自身年収1千万を超えたのは、米国系でしたが、年収1千万円クラスには、別に特別のノルマや目標などはなかったです。
仕事内容としては、日本の同様の企業と同じ業務内容ですが、英語での本社とのコミュニケーションが入るというだけで、日本企業の同職務の女性の倍近い年収を得ていると思います。
外資系企業といえども、日本にあれば、四六時中英語で話す機会がある訳でもなく、そのほとんどが日本語での対応です。
現在やっている仕事に、英語力が追加されるだけで、年収が倍増するというのが、日本の外資系企業の現状です。

外資系企業で働いている人ってどんな人?

私が外資系企業で働いていて良かったと思うことは、その年収の高さもありますが、好きな洋服を着て、仕事ができることもあります。
日本企業だと、50歳過ぎても、20歳過ぎの新卒と同じ胸元にリボンがついてるような制服を一様に着せられたり、キャリアなら黒のスーツとかしか着れないような雰囲気がありますが、外資系企業では、高そうな洋服なら(←ここ重要)スーツじゃなくても、海外セレブが着ているようなお洒落なワンピースでも全然OKです。
反対にカジュアルデイなどがある外資系だとその日はTシャツ短パンでもOKです。
カジュアルデイなどがある外資系 

Casual-Day

大体外資系で働いている男性はすごくお洒落で高そうな素材のスーツやシャツを着てますし。
高収入のマネジメント達はホントにさり気にいいモノを身に着けてて、お洒落なお家に住んでて、上には上がいるんだと感心するばかりでした。
現在の私の住まいは、100㎡超のメゾネットタイプのマンションです。
現在の私の住まいは、100㎡超のメゾネットタイプのマンションです

お風呂場の片側一面が窓ガラスになっていて、きれいな夜景がみえます。
仕事から帰って来て、そのお風呂につかりながら、海外ドラマを観るのが毎日の楽しみです。
お風呂場の片側一面が窓ガラスになっていて、 きれいな夜景がみえます。

外資系企業の本社マネジメント達の中には、ドラマの世界をそのまま体現しているような人が沢山います。

外資系企業の本社マネジメント達の自家用ジェット
自家用ジェット機(個人のもので会社のではないですよ)で日本に来日して、デパート借り切って買い物したり、本国に戻れば、自宅に続く通りがその人の名前になっていたりと本当に半端ない大金持ちです。
日本支社の社長の年収は、8千万円ほどでした。
年収もすごいですが、英語力もすごい!同時通訳者なんて目じゃないくらい、瞬時に日本語を英語に、英語を日本語に変換することができます。
ビジネスにかかることなので、多岐にわたる内容の会話で、ファイナンスから、営業の売り上げ、はたまた、特許関係となんでもござれ状態です。
日本人にとって英語が非常に取得できにくい言語であるのと同時に、英語圏の人にとっても日本語は非常に難しいようで、それ故、本社のマネジメントが英語で説明を受けて納得できるレベルの英語があやつれる日本人ビジネスパーソンは売り手市場となってます。
私レベルでも、いわゆる外国人のヘッドハンターからの突然のアプローチはしょっちゅうあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ