外資系で通じる英語力

ブログランキング1位になりました

念願のブログランキング「ビジネス英語」部門で1位になりました

応援して下さった方ありがとうございます

 

外資系で通じる英語力

どうしたら英語が話せるようになるのか?

どうしたら英語らしい発音で英語が話せるようになるのか?

皆さんは、こんなことを考えて、色々な英語本や、ブログを読み漁り、
果ては、英語難民となっていませんか?

私が、40歳超えてから、英語力ゼロで、外資系企業で、年収1千万円を達成できたのは、

基礎をしっかり固めたからです。

基礎といっても文法を学んだのではありません。

ひたすら、訳も分からず、「英語発音」と「カラン」というレッスンを受けたからです。

英語発音については、スコット先生とのプライベートレッスンがほんとによかったのですが、

本日は、「カランメソッド」について、少しお話しします。

◆カランメソッド

私が英語発音の次に取り組んだのは、このカランメソッドと言われるものです。

なぜ、選んだのかというと、英語力ゼロだったので、通常の英会話スクールのフリートークというのは、まず無理だったわけで、

英語発音がなんとなく出来るようになったので、
英語を話したいという欲求が日々大きくなり、とにかく、
英語を口から出してみたかったのです。

カランメソッドは、意味が解らなくても、とにかく、オウム返しのように先生の質問に、フルセンテンスで答えるということをひたすら繰り返すのですが、

私はここですごいズルをしました。

何かといいますと、とにかく英語を口からだしたかったので、
オンラインでカメラなしという環境を利用して、
テキストを見ながら、先生の質問に答えていました。

事前に1時間くらい当日のレッスンの教材を声を出して読んで、レッスンに挑み、そして、テキストを見ながら答えると。

ただ、超高速(その当時のレベルでの)でやりました。

25分を2コマ連続で、50分目いっぱいやり続けました。

すると、なんとなく、英語の構文というのが感覚的にわかってきたのです。

本当に感覚です。

なので、いまだに文法用語が解りません。

英語の構造を理解するより、日本語の文法用語を覚える方が私には難しい。

でも、TOEICレベルの英文法など問題なく理解して解けますし、
ブランクに適切な単語を埋める問題などは、
絶対にこれしかないと、感覚で解ってしまいます。

感覚です。

これは、カランメソッドをベースにひたすら英語ドラマを観続けて獲得できたものだと思います。

皆さんは、基礎のとろを徹底的にやってみたことがありますか?

意味が解らなくても、超高速で回していれば、本当に身につく。という状態になりますよ。

超高速で英語を口から出すことが重要です!

ぜひ、試してみてください。

何か相談したいことや聞きたいことがありましたら遠慮なくこちらからお問い合わせ下さい。

button07_toiawase_02

 

ランキングに参加しています。応援していただけるとうれしいです。
下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回クリックいただくと嬉しいです♪

にほんブログ村 ビジネス英語

人気ブログランキングへ

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ