成功者の英語

成功者から英語は学ぶ

ビジネスで英語が必要、英語を取得して、高収入な仕事に転職したい。
外資系企業で思う存分活躍してみたい。
という理由で英語を学びたいのなら、英語の講師、英語教材の内容は、吟味して、自分が目指すところで成功している人のやり方を真似てください。
資格取得などの勉強法などでは、当たり前に実施されているこの方法論がどうして、英会話マスターにだけ適用されていないのかホントに不思議です。
ビジネスで英語が必要な人が、ビジネスの経験もない、成功もしていないTOEIC満点、英検1級の講師から英会話を学ぶことは、英語取得の大きな遠回りであるときっぱりと述べさせてもらいます。
ソフトバンクの孫さんの社長室長をなさっていた三木雄信さんという方が「なぜあの人は中学英語で世界のトップを説得できるのか」(祥伝社)という本を出されています。
この三木さんという方の英語力も当初褒められたものではなかったと本の中でも書かれていますが、ビジネスで成功した孫さんのそばで、孫さんの英語を聞いて、英語を1年でマスターされたようですが、納得です。
海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる

優秀な英語講師っているの?

アップル社の日本支社長だった山元さんが「世界でたたかう英語」いう本を出されています。

現在経営されている英語スクールで講師をされているバイリンガルの小西さんとの共著になっていますが、この小西さんは本当に優秀な方です。完璧なバイリンガルですが、最前線のビジネス現場も経験されていて、私はこの小西さんにビジネスで必要となる英会話を短期間マンツーマンで習ったことがあります。

この経験が、私のビジネス英語へのブレイクスルーとなりました。

小西さんは、完璧なバイリンガルとして、ビジネスの最前線で活躍されたようですが、それは、ご自分がバイリンガルであるからで、自分よりビジネス経験が豊富な優秀な先輩方が英語が話せないという理由だけで、新人の自分がボスとの海外出張に同行し、ビジネスの最前線を経験させてもらったという現実をしっかり受け止めていました(もちろん、彼女も十分優秀であったと思います)。

そして、そんな優秀な日本人の英語が話せないビジネスパーソンの為に英語を教えたいという、とても高い志しをもって英語講師に転職をされた方です。

山元さんに言わせると「数多くの面接者の中で、群を抜いて優秀だった」とお話しして下さったことがありますが、誠に、おっしゃる通り、ごもっともでございます。さすが、アップルの元社長と感心しきりでした。

現在もコミュニカ英語塾というところでおふたりとも大活躍されています。

https://communica.co.jp/dye/about/

同じような分野で英語を学びたいというビジネスパーソンの方には、超お薦めの英語塾です。

私の専門分野とは違うので、彼女からずっと英語を学ぶことが出来なかったのは本当に残念です。

その人から学ぶというのは、不変の真理です。

絶対に選んではいけない英語講師って?

英語を学ぶ上で私は、とても注意深く英語講師の質を見極めてきました。

英語の講師と名乗る人達の中には、英語取得に早道はない。と言い切る人もいますが、「1日15分この教材の英語を聞くだけで」とか、「3か月でペラペラになります」と、おまけ目当てに集る英語がホントに話せるようになっているかどうか不明な方々からの絶賛コメントを盛りまくっている教材での勉強と、「効率的な英語上達法」の違いを理解していない「非効率、的ハズレな英語教授法」を押し付ける英語講師は、バッサリと切り捨ててきました。

英語をマスターする必要に迫られたビジネスパーソンを、見くびらないで頂きたいと声を大にして訴えたい!(笑)。

英語は話せないけれど、決して、「能力のないダメダメなヒト」ではありません。むしろ、英語を話すこと以外に何の特技も知識もないような人はこちらからその場で却下でした。

日本人は英語が話せないというコンプレックスのせいか、英語が話せるだけでその英語講師を優秀だと信じ込む傾向があるようですが、大きな間違いです。

また、ビジネス経験豊富な優秀な日本人が、英会話が出来ないとなると、なぜか、英語での会話内容のレベルを異常に落としてしまう傾向があるようですが、そのこと自体も大きな問題だと思います。

例えば、英会話スクールの体験レッスンでいつも最後に「何か質問はありますか?」と聞かれますが、私は、若い講師なら、「あなたは大学で何の専攻をしていたのですか?」と英語で聞いていました。

これは、私はビジネスにフォーカスしていたので、講師のバックグランドが非常に気になっていたからです。通常、何か学ぶ際に、何の知識も経験もない人から学ぼうなんてことは考えないですよね。自分が学びたい分野の経験、知識が豊富な人から学びたいですよね。

それと同じ思考で質問するのですが、ひどく驚かれたことがあります。なぜかというと、日本に来て、大学の専攻のことなど聞かれたのは初めてだと。

普通日本人は、何か質問はありますか?と聞くと、「趣味は何ですか?」とか、「どこに住んでいるんですか?」とかしか聞かないので、本当に驚いた。と。

通常なら、日本人でも、資格スクールの先生に「趣味は何ですか?」とか「どこに住んですんですか?」とか聞かないですよね。「どこでこれを学んだんですか?」とか「どのようにこれをマスターしたんですか?」ってことを聞くかと思うのですが、英会話取得に限っては、初心者用英会話本にある、趣味の話や、どこに住んでるとか、家族の話など、会話の内容自体のレベルを落としてしまいます。英会話が堪能でなければ、ビジネスの話や自分の専門の話をしてはいけないなどの決まりなど無いのですから、英会話能力が低いからと話の内容を落とす必要は全くないと思ってます。

知識、経験のある大人として内容ある会話を英語で出来るようになることを初めから視野にいれて英語の勉強をするべき(←非常に重要)なのに、初心者だから、子供の絵本から始めるとか、内容のない英会話の練習から始めさせるという、その非効率な勉強法が挫折の元になっていると思います。

英語初心者が複雑な文法で、複雑なことを語るのは無理ですが、シンプルな文型で中身のある話はいくらでもできます。

そういう訳で、英語初心者だからといって、知的好奇心を満たす大人の会話が全くない教材でしか教えることが出来ない講師、スクールも、すぐさま却下です。

グローバルな外資系企業では、色々な国の方がいて、色々な英語が話されている故に、分かり易い、シンプルな英語で、要点を得た英語で相手を納得されることが要求されます。

それが出来るか出来ないかで大きく年収が変わると言っても過言でないくらい、シンプルな英語、基本文型でしっかりした内容を的確に話す能力が問われるようになります。

そんな訳で、ビジネス経験が全くない人、バックグランドが全く違う人はお断りでした。

ここが一番難しかったです。

ほとんどの英語講師はビジネス経験がなく、日本のビジネス現場で通常使用されているビジネス用語に対しての知識がなく、中身のある会話練習が出来る技量がなかったのです。

最近よく、「英語にビジネス英語という分野なんてないと外人が言っている」とこれまたまことしやかに語る英会話講師などがいますが、それこそ、その講師自体ビジネス経験がないのだと思います。

ビジネスにおいて、必ず、その分野の独特な英単語、適切な英単語、フレーズ、使いまわしなど存在しますし、一般英語と同じだというのは、ただの差しさわりのない電話対応や、お客対応などの一般的な英語の事を指して言っているのだと思います。これらは、ビジネス英語ではなく、一般英語です。

その程度の英語なら、英語が読めるようになれば、本屋で英語本買って、自分で覚えれば十分です。ビジネスの現場において、数多い同義語から的確な英単語をチョイスすることは、絶対に必要で、それが「ビジネス英語」です。その単語の違いについて説明も出来ないような英語講師に、ビジネス英語を教わるべきではないです。

絶対に。ビジネス経験のある講師なら、的確な英単語を具体例を挙げて説明できます。「どれも同じ意味です。違いはありません。」というとんでもない説明を平然とする英語講師に騙されてはいけません。

その人はただ単に、その単語が実際の現場でどんな風に使われているかを実体験として経験していないので、単語の持つ背景や、意味を本当に理解できておらず、辞書に書かれている日本語の意味しか読んだことしかない人です。

このブログをご覧になっている皆さま方におかれましては、エセの称賛コメントてんこ盛りの英語教材や、英語業界ビジネスの餌食になることなく、最短で英語をマスターされることを祈って本日は終わります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ