ビジネスの場で宗教の話は?英語のタブーとは?

 

↓ブログ応援よろしくお願いします
にほんブログ村 英語学習情報

人気ブログランキングへ

tabooiconFINAL_R

帰国子女の英語力

かつての同僚に、いわゆる帰国子女と言われる完全バイリンガルの男性がいました。年齢が若く、まだ、仕事の経験が浅いため、業務の知識はあまりなかったのですが、帰宅後もひと寝入りした後、深夜から本社の人達とメールで色々と情報交換し、業務がスムーズに進むよう、それはそれは非常に頑張っていました。

そんな訳で、CEOからもとても信頼され、自宅に招かれ食事を共にする機会も多く、CEOが来日した際には、通訳として様々な場所にも同行していました。

そんな完全バイリンガルだと思っていた彼ですが、実は、英語力が落ちないように帰国後もずっと音読をしていたということでした。

小学校、中学校の同級生で、アメリカの高校、大学に進学した元同級生達に比べ、帰国し、高校から日本で過ごした彼の英語力は年々落ちていき、アメリカにいるかつての同級生との差が広がるのを感じ、危機感を募らせていたそうです。

大学卒業後、世界のトップと言われる外資系企業に就職し、本社の人と話した時に、「日本人でも英語がきちんと話せる人いるんだ。」ということを言われたそうです。

世界のトップの外資系企業ですら、きちんと英語が話せる人がいないという事実にもびっくりしましたが、彼の英語は本当にネイティブが話す英語と遜色ないアメリカ発音で、プレゼンも非常に上手でした。

ビジネスにおける日本人の英語力

英語の発音が良いというのは、現在の日本の外資系ではひとつの武器になるのだと思います。

社会人経験がなくとも、業務の経験がなくとも、非常に優秀な印象を与えます。ビジネスの観点でいうと発音すら雑に扱う人は、いい加減な印象を持たれてしまいます。完璧なネイティブ発音でなくていいのですが、ビジネスにおいて相手に負担をかけない発音である事は必須です。

こんなにインターネットが発達して、どこでもだれでも本場の英語を聞くことが出来る環境にあるのに、ネイティブに負担をかける発音を改善する努力もせず、押し通すというのは、いかがなものでしょう?

現在は、色々な英語があって色々な発音があり、皆お国アクセントの英語を話しているといわれる方もいますが、レベルが違います。お国アクセントの英語と日本語カタカナ棒読み発音はその種類が全く違います。カタカナ英語は、日本語です。英語ではありません。

そんな彼は、トップマネジメント達とプライベートを一緒にすることも多く、マネジメント達が話す内容も当然すべて理解していました。残念なことに、その内容は、日本人の英語力の低さを揶揄する内容も多かったと聞いています。

その彼がよく私の英語にアドバイスをくれました。トップマネジメント達には、このようなストーリで話をしなければいけないとか、こういう話し方、伝え方は非常に嫌うなど、とても為になりました。

また、外国の人達との付き合いにおいての日本人のミスなども教えてもらうことができました。

宗教の話はタブー?

日本の英語学習において、まことしやかに囁かれ続けている「宗教の話はタブー」ということについても、非常に考えさせられる出来事がありました。

厳格なクリスチャンであった(後で知ったらしいです)CEOを、日本のゲイバーにお連れしたことがあったそうです。その当時日本で人気のあったゲイバーなので、楽しんでもらえるだろうと。そのCEOは非常に怒り、店から出る際も、扉の取っ手をハンカチでつかみながら出たそうです。ゲイを認めることは宗教上絶対に出来ないということを知らなかったようです。

日本では、宗教によってしばられる行動というのは、あまり存在しないので、相手の宗教について考えることが抜けてしまいます。というより、巷の英語教師が触れまわる「宗教の話はタブー」を信じ、一切宗教に触れることはしないというのが、正しいという風潮になっていますが、大間違いです。外国の人にとっての宗教は非常に大事です。帰国子女である彼ですら大きな間違いを犯してしまいました。

グローバル企業で働いていれば、本社出張の際には、必ず、「宗教」と「食べれないもの」をあらかじめ聞かれます。

この「食べれないもの」と言われたら、日本人が真っ先に想像するのは、「アレルギー」ですが、「宗教上食べれないもの」の意味合いが大です。

豚を食べない、牛を食べないなど宗教により定まっていて、外国の方々は厳格に守られます。ユダヤ教における「コーシャ」は、日本では、ほとんど知られていませんが、調理の方法にまで厳格に規定され、食品にコーシャ規格マークがつけられます。ヤクルトさんなんかも北米向けの自社製品にはコーシャの認定を取得されています。

外資系企業への転職を目指す皆様方の中には、「人事・総務」などのバックオフィス系狙いもあると思います。そんな皆様方は、本社からの社員来日時には、必ず、宗教上のケアも必要だということを覚えていてくださいね。

何か相談したいことや聞きたいことがありましたら遠慮なくこちらからお問い合わせ下さい。

button07_toiawase_02

 

ランキングに参加しています。応援していただけるとうれしいです。
下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回クリックいただくと嬉しいです♪

にほんブログ村 英語学習情報

人気ブログランキングへ

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ