成功者の英語勉強法

1 (15)

外国人ヘッドハンターって?

会社に英語で、外国人から電話がかかってくることがよくあります。

これは、外国人ヘッドハンターによる英語試験のようなもので、電話にて英語力なるものを判定しつつ、その判定に合格したら、高収入の空きポジションを紹介してくれるようになります。
不合格の場合は、誰かいい人がいたら紹介してください。
となるらしいです。
分かり易いですね(笑)メールが突然届き、ミーティングが設定されることもあります。
ヘッドハンターが所属している会社を調べてみて大手なら、私は一度は会ってお話をしてみます。
なかなかいい英語面接の練習にもなりますし、業界の動向を聞くこともできます。
どこそこの会社で新たにこのビジネスを始めようとして人を探しているとか、あの会社のこのポジションが空くとか、全て英語でのやりとりとなりますが、気さくな外国の人が多くて、結構楽しいですよ。
英会話スクールの高い英語面接コースを受講するよりよっぽどポイント得たアドバイスももらえるし、彼らも高収入のポジションへの紹介が成立すれば、年収に応じた、バックがもらえるので、とても熱心に親切に接してくれます。
と、こんな感じでやはり英語ができれば、確実に高収入が約束されるのが今の日本の外資系ビジネス界です。
英語だけしかできない仕事が出来ないビジネスパーソンは、結局、辞めていくことになりますが、それでも、英語が出来るので、次の転職先をすぐ見つけて高収入のポジションに収まってます。
日本人は仕事のスキルが非常に高い人は多いのですが、英語が出来ない人が多くて、勿体無いと思います。
仕事のスキルが高い人は、絶対に戦略的に英語に取り組めば、短期で英語が上達出来ると断言できます。

外資系企業で必要な英語力とは?

外資系企業で必要となる英語力とはどれぐらいなのか?ということですが、これこそ、世間の人が大いに勘違いしているところでもあるかと思います。
私が短期で英語をマスター出来たのは、戦略的に英語に取り組んだからですが、その戦略とは、英語の勉強方法だけではないです。
私は、順番として、まず、偶然、外資系企業に入社してしまったので(くわしくはここからどうぞ)、必要な英語が何か?ということが英語学習の初期から分かっていました。

必要な英語は、「TOEIC高得点」でも「英検1級」でもなく、自分のビジネスに必要な英語でした。
また、TOEIC満点や、英検1級は、学生で新卒なら無いよりあったほうがいいぐらいの「日本人のみに通用する資格」(←英語力ではなく、あえて日本の資格のひとつといわせてもらいます)であることを外資系のビジネスの現場で知り得ることで出来ました。
これは本当にラッキーだったと思います。
英会話スクールの講師や、通訳、翻訳家になりたいのなら、それらの日本人仕様の英語資格は有効なのかもしれませんが、会社勤めしているビジネスパーソンにそんな資格は必要ないです(←きっぱり)。
資格の為に勉強するのなら、本当に英語が話せるようになるトレーニングをするべきです。
会社によっては、管理職以上、TOEIC何点以上という要件を提示しているところもあるようですが、本当に英語が話せるようになれば、会社が提示する点数くらいはクリアできます。
単語を知らないから、英語が話せないと思っている人も多いようですが、これも違います。
まずは、自分の業務を日本語で理解して完璧にこなせていれば、外資系にいれば、業務に必要な英語単語は自然と覚えますし、難しい英文なども業務に関するものは、内容が想像出来るので読むことが出来るし、その中で「この日本語って英語でこういうんだ」と日々、蓄積されていきます。
必要な英単語だから、本当にすぐ覚えられます。
むしろそんな本当に必要となる単語なんか全然教えてくれないのが、英会話スクールだと私は思っています。
英会話スクールや、TOEICの勉強をしているのに、全然英語が上達しない。
英語が聞きとれないので、会議がつらいと嘆いている人がよくいますが、全然ポイントがズレていると思います。
ビジネスの現場で話されている英語は、英会話スクールの教科書や、TOEICの問題になんか出てこない単語ばかりで、ただでさえ、英語耳が出来ていない日本人が、自分の業務と関係のないTOEICを勉強しても実務レベルの英語力に近づけないのは、当たり前だと思います。
全く間違った英語の勉強をしているからです。

間違った英語勉強法とは?

私が短期で英語を取得できたのは、無駄なTOEICや、英会話スクールのなんちゃってビジネス英会話を戦略的にきっぱりと捨てたからです。
英会話スクールのビジネス英会話は本当にひどいと思います。
ビジネス経験のない先生と、電話の取り方、つなぎ方からの英語レッスンを始めるようなカリキュラムになっていて、今だに、輸入商社などの設定のみで、物が少ない、破損していたなど輸入に関する英語でのやり取りが基本だからそこから初めてください。
と強制するなど、ほんとにビックリでした。
最初の頃に私も英会話スクールに行くのが英語取得の早道だと勘違いし、結構な数の体験レッスンに行き、必ず、テキストを見せてもらいましたが、もう、がっかりでした。
英会話スクールの人達って本当にビジネスのことわかってないと思いました。
こんなにメールが一般化されているのに、まず、直接急に英語しか話せない時差のある外国の外人さんから電話があるという想定もかなり古いですし(今はほとんどメールでしょう)。
中高年が、電話対応しないといけないという設定もかなり無理がある(部下がでたり、もうほとんど直通電話で誰かに繋ぐなんて少ないでしょう)。
「私は、電話を繋いでもらう立場で、取り次ぐ立場ではありませんので不要です。」と説明しても、まずは、電話対応から始めるのが上達の秘訣です。
みたいなことを言われたこともあります。
これって中高年の男性にも言っていたのか非常に興味がありますが。
日本にある外資系企業で求められる英語力というのは、実際のところ、マネジメントクラスになって初めてシビアに要求されるものであって、一般社員であれば、日本語で、きちんとその業務をできるスキルがあることのほうが重要視されます。
その上で、基本的な英語力さえ備わっていれば、大丈夫というのが、外資系企業の英語力だと思います。
じゃ、その基本的な英語力というのは何なんだというと

1.日本語の母音が混入しない英語発音力

2.自分がネイティブ発音できなくても、ネイティブの英語を聞くことができるリスニング力

3.基本的な文法を使いこなせる文法力

4.自分の専門分野の英単語力以上が必要な英語力であるかと思います。
この基本的な英語力については、後々、じっくりと説明していきたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ