一流から学ぶー誰から学ぶかで大きく変わる

Loading...

 

一流から学ぶということ

本日もブログ応援お願いします

ビジネス英語学習情報

ビジネス英会話独学Ranking

ビジネス英語上達ブログ

◆ 初心者でもこんなに成長できた秘密とは?

大阪の登美丘高校のダンス部による「バブリーダンス」が日本中のバブルを知らない若者や、私のようにバブルを満喫した年代をも巻き込み、すごい勢いで席巻していますね。

 

大阪人としてとてもうれしいことです。

いつの間にやら、大阪はダンス王国になったようで、ダンスの強豪校がひしめきあう中、お互い切磋琢磨しながら、各々がダンス上達の為、一生懸命頑張っている姿には感動します。

時代なのか、YouTubeで登美丘高校のダンスを見て、ダンス部に入りたかったので、一生懸命勉強した。と1年生2年生は高校入学後にダンスを始めた初心者ばかりだったいうのも驚きです。

登美丘高校って私が高校生の頃からですが、とても優秀な高校として必ず、名前を挙げられる高校でした。今でもやはり優秀で、公立高校ですが、頑張って勉強しないと入学できない高校ということは変わりないということです。

そんなダンス初心者を高校入学後、鍛え上げてキレキレのダンスを披露できるほどまでに上達させたコーチのakaneさんすごいですね!

まだ25歳ということで、彼女もまた、登美丘高校のOGで、もちろんバブルの頃には、生まれてもいないという年代です。

選曲、ダンスの振付、ビデオの撮影、編集とすべて、akaneさんが1人でやっているということで、生徒たちのダンスにばかり目が向いているかと思いますが、衣装一つ例にとってもすごく考え抜かれていることがわかります。

バブル全盛期の洋服ですが、どれも同じパターンの洋服はありませんし、かと言ってバブルの時の洋服じゃないよなという違和感もなく、色とりどりですが、緻密に計算されて全体のバランスを考えて配置されています。

この色とりどり感が大阪で、特にバブルをよく表しているところなのですが、バブルを経験していないakaneさんが見事に再現しているというのが素晴らしい!

そして何よりよく練られてるなと思うのが、各人のダンスにマッチした洋服を着せているということです。

前半にピョンと飛び上がる子がいるのですが、その子には、ピンクと黒の縦のストライプを着せて、上下の躍動感をより一層際だたせてます。

この縦ストライプの洋服ってたしかによく見ました。これをこの子だけに着せているところが凄い演出!

伝説のジュリアナの扇子隊の中央の子は、飛び切りスタイルがいいので、これまた微妙なスカート丈に直したワンピを着せて、下着が見えるか見えないかという独特のヒップダンスを披露させたり、ここかしこにakaneさんのセンスの良さを感じさせる演出、構成があって、この色とりどりの大所帯の乱舞を成功させています。

昨年の「大阪のおばちゃんダンス」も、ほんとに大阪のおばちゃんたちが好んで着るヒョウ柄や、紫色などもう色とりどりの、柄、柄、柄を上手く配置して、一体感を持たせて、これまたアバという懐かしの曲でのかっこいい、キレキレのダンス。 ↓私はこれが一番好きです。

初優勝した一昨年は、映画フラッシュダンスのテーマソングになったHEROを使って、映画のワンシーンさながらの迫力あるキレキレダンス。ここでも色とりどりのレオタード、タイツを上手く配置して圧巻のダンス。

全てのダンスに共通する表情の細部に至るまでのマネージング。見事です。

ダンス初心者の高校生をこんなエンターテイメント軍団に成長させたコーチakaneさん、まさしく、こういう人を本当に一流のコーチというんだなと思います。

そしてやはり、一流のコーチに鍛えられると、人はこんなに成長できるんだと。

「一流の指導者に学ぶことで、人は一流に育っていく」

お手本のような事例だと感心しながら、何度も登美丘高校のダンスに見入ってしまう私です。

しかしながら、本当に指導者が一流なら、人は、こんなにも成長できるものなのですね。

各人の努力も凄まじいと思いますが、そうさせるのもコーチの力量。

 

英語の上達には、英語の講師選び重要です。

ビジネスで通用する英語を真剣に身に着けたい人に、本当にお勧めです。

成田市にある、BEJビジネス英会話スクール。

↓↓ハイクオリティのビジネス英語を学びたい方↓↓

BEJ, Inc.

www.businessenglishjapan.com

無料体験はこちらから↓



何か相談したいことや聞きたいことがありましたら遠慮なくこちらからお問い合わせ下さい。

button07_toiawase_02

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました

Loading...

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ